フォトグラファープロフィール|フォトグラファーDAVID [ ロイヤルカイラ ウェディング ]

 

フォトグラファープロフィール

Royal Kaila Exclusive Photographer DAVID

二人の笑顔が絶えないでいてくれることが、この上ない幸せ。[ I love it when they are constantly laughing. ]

皆さんこんにちは! デービットです。
私はオアフ島で生まれ育ち、ハワイにずっと住んでいます。

7歳の時叔父からSLRカメラ(Fujinon・50mmレンズ)を初めてもらってから、
どこに行くにもカメラを持ち歩き、両親がフィルムを買ってくれる余裕が無くても、撮影が大好きで、ファインダー越しにシーンをフレーミングし、光を計量し、ちょうどフォーカスされた瞬間のワクワクがとても楽しかった記憶があります。
約10年後の大学生の時、お金を貯めて初めて自分でデジタルカメラを購入しました。実際にはFujinonをネットオークションで売った利益も購入費用の足しにし、再び写真撮影ライフがスタートしました。
授業合間の休憩時間には、キャンパスで発見するいろいろな昆虫や花々を撮影しました。
5年後、コンピューターサイエンスと電気工学の修士に取り組んでいる間、私の未来のあらゆる可能性の中で最も幸せになれるであろう、大好きでアクティブな写真撮影の仕事をすることを決意しました。
約2年間いろいろなローカルカメラマンのアシスタント経験を積み、大学新聞の撮影カメラマンを経た後、プロカメラマンとして7年活動してきました。
私の特集が数多くの地域および国の雑誌、科学教科書、出版物、国際的なマーケティング・キャンペーンなどで紹介されました。振り返ってみると、エンジニアとしてのキャリアパスを諦め、この短期間でここまで成功出来るなど考えてもみませんでした。

私は写真撮影が驚くほど複雑で素晴らしい芸術形式であると考えています。
撮影自体は、非常に多くの方法で撮影することが出来ます。例えば、マーケティング目的のために、製品の有用性を強調することが出来ます。また、オブジェクトの美しさや場所の素晴らしさを強調することが出来ます。結婚式の場合には、写真は単に何が起こったのかを記録するためだけに利用されていることが多いのですが、写真の単なる目的以外に、写真撮影が新郎新婦にとって、一緒に過ごす特別な日の最高の幸せと楽しみを残すために用いなければならないと私は考えています。
だからこそ、カップルに自分がどうするかを説明せず、彼らと一緒に過ごす間の二人の仕草や表情などから、このカップルはどう撮影して欲しいか?どうしたら一番輝いて見えるか?などを読み取り、実行しています。
私はよく様々なスタイルの写真を撮影し、カップルの反応を見たり、技を磨き、可能な限り"最良"の写真を提供することに尽くしています。
私は、カップルの雰囲気や反応に動的に適応する傾向があるので、彼らはむしろ、より伝統的で、現代的、スタイリッシュで、ひょうきんであるべきです。

私は多様で楽しいフォトセッションを提供出来るように、毎日カメラで遊びながら撮影技術を磨くようにしています。私のウェディングフォトセッションポリシーは、良いフォトグラファーというものは、自分自身の仕事に誇りを持っており、撮影した写真が今そしてこの先何年もずっと楽しむためにあるということを、担当したカップルに実感して頂くことです。
アテンドしたカップルが、私の撮影中ずっと笑顔が絶えないでいてくれることが何より楽しく、この上ない幸せです。この嘘偽り無い笑顔を引き出すことこそ、最高の1枚となって写真をさらに輝かせてくれるのです。

Hello, I'm David; I was born and raised on O'ahu. I've spent my entire life in Hawaii.

As a young child of 7 years old, my uncle gave me my first SLR camera. It was a Fujinon with a 50mm lens. I carried that camera with me everywhere. I remember "photographing" things with it even when my parents couldn't afford to buy me film. I had so much fun framing a scene and metering the light and getting the focus just right in the split-prism view finder. Oh so much fun!

Approximately 10 years later, I saved up my money while in college and bought my first digital camera.
In fact, I think I sold my Fujinon on eBay to help buy it. I, once again, re-started my love affair with photography. Between classes I would photograph the various bugs and flowers I could find on campus.

Five years later, while working on my Masters in Computer Science and Electrical Engineering; I decided that I needed an active job that I loved and would enjoy doing so that my future would be the happiest of all possibilities.

After 2 years of assisting various local photographers and shooting for the university news paper, I went pro on my own and have been for the last 7 years. I've been featured in local and national magazines, science text books, publications, several international marketing campaigns and much, much more. Looking back at what I've accomplished since I gave up on my computer science/electrical engineering career path, I'm amazed and how much my work has been featured and I never would have figured such success in such a short time span.

I believe that photography is a complex art form that is amazingly wonderful. Photography itself can be used in so many ways. For instance, you can use it to highlight the usefulness of a product for marketing purposes. You can also use it to accentuate the beauty of an object or the wonder of a location.

When applied to weddings, photography is most often under-utilized to simply document what has happened. While this form of photography is necessary at a wedding, I feel that photography can and should also be used to draw attention to the happiness and fun that the couple is having together on their special day. That is why I try so hard to never tell my couples what to do.

I spend most of my interaction with my brides and grooms reading their body language to figure what type of photographic style they might like best. I often present my couples with varying styles of photos I take of them and read their reactions to hone our session to provide the "best" photos possible.

I tend to adapt dynamically to the tastes and reactions of my couples, rather they be more conservative, traditional, modern, sassy, or silly. Every day I am out there playing with my cameras, pushing my boundaries and style so that I can offer a more varied and entertaining photo session.

My favorite type of wedding photo session is one where my couple realizes that I'm a good photographer who knows his trade and that the photos I take are for them to enjoy now and for many years into the future. I love it when my couples have so much fun during our session that they are constantly laughing and can't help but genuinely smile the whole time. This makes their photos shine in a way that can;t be faked by just standing still and pretending to smile.

Photographer DAVID Photo Gallery

  • ビーチフォト [ Beach photo ]
  • ウェディング [ Wedding ]
  • ロケーション [ Location ]
  • ファミリー、その他 [ Family,Other ]

ロイヤルカイラウェディングの豊富なウェディングプランはこちらから

※こちらの各プランページからお申し込み頂くと、自動的にPhotographer DAVID 指名でお申し込みになります。

  • ビーチフォトプラン [ Beach photo plan ]
  • オリジナルプラン [ Original plan ]
  • 挙式プラン [ Ceremony plan ]