ドライビングスポット・ハワイ インフォメーション|フォトグラファーDAVID [ ロイヤルカイラ ウェディング ]

 

ハワイ インフォメーション

Hawaii Information ドライビングスポット

景色の良い海岸線や、緑豊かな山々。
ハワイのドライブはとても気持ちが良く、運転していて飽きることがありません。
ドライブが好きな方にも、そんなに好きではない方にも、
楽しんでもらえるドライビングスポットをご紹介致します。

ノースショア

ホノルルから北へ進み、フリーウェイでH1からH2へ。ワヒアワの町を通り過ぎて橋を渡ります。少し進むと赤土が広がる平原が見えてきます。ここがノースショアの入口です。ノースショアは、サーフィンでも有名な美しい海が見えるだけではなく、ノスタルジックな街並みも素敵な土地です。
かなり長いドライブになりますので、休憩を取りいれながら楽しんで下さい。特に、ドール・プランテーションは、休憩場所としておすすめです。

dole-plantation

ここは、パイナップルの有名な産地になります。パイナップルソフトクリームや、パイナップルシェイク等、パイナップル味のメニューがたくさんあります。有料アトラクションが3つあり、1つはパイナップル・エクスプレスがあります。赤くて可愛い列車が20分かけて園内を走ります。車窓からはワイアナエ山脈を見渡すことができ、美しい景色に気分爽快になります。2つ目は。カラフルなトロピカルな植物約14,000本使い、広さ2エーカー、全長3.11マイルのギネスブックに認定されている世界最大の巨大迷路です。3つ目はプランテーション・ガーデン・ツアーで、8つのテーマに沿って構成されている美しい庭園になります。カメラを持って、記念撮影しましょう。

DATA
dole-plantation
住所:64-1550 Kamehameha HWY, Wahiawa, HI 96786 電話番号:(808) 621-8408
カントリーストアの営業時間::9:30〜17:00 プランテーショングリルの営業時間:10:30〜16:30
定休日:クリスマス
http://www.dole-plantation.com/JP/(日本語での公式サイトです)

ドール・プランテーションを過ぎると、99号線「カメハメハ・ハイウェイ」を下ります。左にはワイアナエ山脈。左右には赤土の大地。目の前にはどこまでも広がる青い海。ここはまさに絶景のドライブポイント。
その後は、ハレイワの町に入ります。ハレイワの町並みはとてもレトロですので、ぜひ楽しんで見て下さい。また、サーフィンで有名なサンセットビーチは、夕日がとても雰囲気があり美しいと有名です。ラニアケアビーチでは、ウミガメを見られるかもしれません。
一本道で分かりやすいのですが、迂回路がありませんので、週末は渋滞します。特に冬場はサーファーの方が大勢来ます。
特に冬場は渋滞を避けるために平日に訪れるようにしましょう。

オアフ島東海岸

オアフ島東海岸

パリ・ハイウェイを利用して、カイルアへと向かいます。東海岸を時計回りに走ってワイキキに戻るコースは、運転苦手な方や時間のない方に走りやすいドライブコースになります。
ワイキキから15分程走り、脇道(Nuuanu Pali dr.)に入ると、ヌウアウ・パリ展望台に着きます。オアフ島東海岸を見渡すことの出来る展望台は、晴れた日はモロカイ島も見られます。300mの断崖絶壁には海からの風が強く吹き込み、まるで吹き飛ばされそうなくらいの強風になります。
ヌウアウ・パリ展望台からカイルアまでは約20分。カラパワイ・マーケットの横の道がカイルアビーチへと続く道になります。カイルアビーチは全米で一番美しい海に選ばれるほどキレイな海になります。ぜひ、コーヒーでとても有名な老舗カラパワイ・マーケットで買い物をしてからビーチへ向かいましょう。カイルアビーチの隣には、ラニカイビーチがありますが、こちらはどこも路上駐車禁止ですので、カイルアビーチから歩いて行きます。片道30分程度の道になりますので、散策も楽しんでみて下さい。ラニカイビーチは、「天国の海」と呼ばれる全米で最も美しいビーチになります。

Kalapawai Market

住所:306 S Kalaheo Ave, Kailua, HI,  電話:(808) 262-4359 営業時間:6:00〜21:00

ハワイのドライブ注意点

ハワイのドライブ注意点

ハワイでは、日本と違う運転のルールがありますので、覚えておきましょう。

赤信号でも安全確認して問題なければ右折が出来ます。ただし、「NO RIGHT TURN ON RED」の標識がある場合は、赤信号での右折は禁止ですので気を付けて下さい。「NO RIGHT TURN ON RE EXCEPT FROM RIGHT LAME AFTER STOP」の標識の場合は、一旦停止すれば赤信号でも右折が出来ます。 「LEFT TURN YIELD ON GREEN」の標識がある場合は、左折の際に、青信号の時に直進して来る対向車がなく、安全なら左折出来ます。 路上駐車が可能な場所は、縁石の色で確認出来ます。縁石が緑なら、駐車出来ますが、時間や曜日が限定されていますので、駐車可能日時を表示する標識で確認しましょう。縁石が赤なら駐停車禁止です。消火栓の前も駐停車禁止です。縁石が青なら、指定車両のみ駐車出来ます。黄色なら運転者が乗っていれば短時間の乗降や積み下ろしが出来ます。駐車違反は厳しく取り締まられていますので、気を付けて下さい。 障害者専用駐車場がどこの駐車場にも作られています。日本では、時々対象でない人が停めているのを見かけますが、ハワイでこれをしてしまうと多額の罰金が請求されますので気を付けて下さい。 パーキングメーターは、少し余裕を持ってお金を入れておきましょう。前払いの駐車場になりますが、少しでも時間を過ぎるとすぐに駐車違反とみなされてしまいます。